開館時間

月、水、木、金、日
10:00~17:00
火、土10:00~20:00
休館日:毎月第3日曜日
年末年始(12/29~1/3)

メーリングリスト

メーリングリスト

English Newsletter

English Newsletter

bn_en_c

春夏秋冬

横浜市国際交流協会

横浜市国際交流協会

【事業報告】2016年度日本語ボランティアのためのブラッシュアップ講座・第3弾

ブラッシュアップ講座・第3弾

「もっと話したくなる日本語文法」(報告)

 

2016年度「日本語ボランティア・ブラッシュアップ講座 第3弾」(主催:なか国際交流ラウンジ)は、3月17日、24日の2日間、講師に『いっぽ にほんご さんぽ』の著者、宿谷和子先生をお迎えして「もっと話したくなる日本語文法」のテーマで、初級会話に必要な文法知識についてお話しいただきました。

 

文法積み上げ式の学習方法からコミュニケーション優先の学習方法へとスタイルが変わりつつある地域日本語教室の流れのなかで、「初級者でも会話に必要な最小限の文法を身につけることで、言いたいことを正しく伝えることができ、コミュニケーションのレベルを上げることができるという」内容でした。長年日本語教室で活躍しているベテランから、「日本語ボランティア入門講座」を終了したばかりの方まで、30名を超える幅広い受講者が、講師の優しい語り口に熱心に耳を傾けました。

 

1日目は「形容詞」と「助詞」に焦点をあて、学習者が形容詞を使いたくなる話題の提供やボランティアからの質問のし方を考えたり、日本人が意識せずに使っている助詞を「場所」や「とき」の表現に分けて学習者にも分かりやすく説明する方法を学びました。また、学習者がよく間違える事柄や学習者の質問への対応方法など、教室活動にすぐに役立つことを教えていただきました。

 

2日目は、「動詞の分類」や「活用」を整理しました。学習者が仕事や生活上で自然に身につけている日本語の中にも文法の要素がたくさん含まれています。それらを文体や動詞の活用の学習に結び付けるなど、文法を身近なものとして学習できることを、事例を通して学びました。最後にもう一度「助詞」に戻り、日本人でも説明がむずかしい助詞の「は」と「が」の使い分けなど、知りたかったことを分かりやすく教えていただきました。日本語教室ではあくまで学習者本位に、学習者の発話を遮ることなく、間違えはさりげなく正しく言い換えたり補ったりして、おしゃべりを続けることが大切だということを学びました。

前のページへ戻る